水戸市、茨城町、笠間市の外壁・屋根塗装ならプロタイムズ水戸南店におまかせください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ

GOOD DESIGN GOOD DESIGN

見積・診断無料 お気軽にお問合せください
フリーダイヤル0120-987-426
営業時間 9:00~18:00(月曜定休)

フリーダイヤル0120987426

お問合せ

水戸南店diary

屋根に断熱塗料を使うと省エネになる?断熱塗料の効果を解説

皆さんは屋根の塗装に断熱塗料を使用するとお部屋で快適に過ごせて、省エネにもつながると聞いたことはありませんか?

 

本当に塗料を変えるだけで暑い夏が快適に過ごすことができるようになるのか、冬場に効果はあるのか、そして省エネにつながるのかなどいろいろな疑問があると思います。そこで今回は、断熱塗料や遮熱塗料と呼ばれる塗料の効果やその違いを解説していきます。もし今、屋根の塗り替えをお考えの方がいらっしゃるのであれば、ぜひ参考にしてくださいね。

 

屋根に断熱塗料や遮熱塗料を使用する効果とは?

屋根や外壁に塗布することで室内の温度上昇を抑えることができる塗料には、断熱塗料と遮熱塗料があります。それぞれの塗料によってその効果は異なります。断熱塗料と遮熱塗料の効果について見ていきましょう。

 

・断熱塗料

断熱塗料は熱伝導を抑える成分が含まれており、外気の熱気や冷気が室内に伝わることを防ぎ、室温を一定に保つ効果があります。そして耐用年数は10年〜15年といわれており、屋根に塗装する場合は1㎡あたり3500円〜4000円ほどの費用がかかります。

 

・遮熱塗料

屋根が受ける光を反射して熱が発生させないようにする効果があります。そのため屋根から伝わる熱が少なくなり、室温の上昇を防ぐことができます。遮熱塗料の耐用年数は10年〜20年といわれており、屋根に塗装する場合は1㎡あたりの費用は2300円〜3500円ほどとなり、断熱塗料より安くなります。

 

断熱塗料と遮熱塗料の違い

断熱塗料と遮熱塗料の違いは冬の寒さに対応できるかどうかです。遮熱塗料は光を反射して熱の量を減らすので、冬場は塗布していることで得られる効果はあまり期待できません。また立地条件によっては、外気の冷たさを室内に伝えてしまうこともあるようです。しかし断熱塗料は熱伝導を抑えるため、冬場の冷気も室内に伝えることなく、温められた室温を下げることはありません。

 

つまり、断熱塗料を使用していると、夏は熱されにくく、冬は冷やされにくくなります。冷暖房機器を利用する場合は、外気で熱されたり冷やされた室内を快適な温度にするために大きな電力を使用します。そのため、外気の影響を受けにくい断熱塗料を使用している方が、少ない電力で快適な室温に調節することができるので、省エネにもつながるといわれているのです。

 

また、断熱塗料には複数のセラミックで覆われているため、音も遮断することができます。そのため、外の騒音を聞こえにくくしたり室内の話し声などが外に漏れにくくなる効果もあります。

 

より断熱効果を高めるためには

防熱、防寒に防音、そして節電までできると万能のように見える断熱塗料ですが、最近ではその効果が感じられないことも少なくないといわれています。なぜなのでしょうか。

 

いくら熱を伝えにくいといっても、塗膜の厚さは1mmと薄いので、どうしても熱が伝わってしまうことがあります。築年数が古い場合で断熱材が入っていない建物に断熱塗料を塗布すれば、それなりの効果を感じることもあるかもしれません。しかし、最近の建物であれば断熱パネルなどの他の断熱材がすでに導入されているため、塗布したかどうかで、断熱性の違いを感じることは難しくなっているようです。

 

そのため、より断熱性を高めるためには次のようなことも実践してみてください。

 

・複層ガラスを使用する

・窓のサッシをアルミサッシに交換する

・断熱フィルムを窓に貼る

・遮熱カーテンを使用する

 

少しお金がかかるかもしれませんが、断熱塗料を塗布するとともに複数の断熱対策をすることで、お部屋の中がより快適になり、省エネにもつながりますよ。

 

宇都木塗装が得意とする施工とは?

水戸市の宇都木塗装が得意とする工事は、主に外壁や屋根の塗装、屋根カバーの工事、そして防水工事です。宇都木塗装の塗装スタッフは、国家資格をもつ一級塗装技能士による施工なので高い技術に自信をもっています。

 

工事が終わった後もアフターサービスが充実しているので、住まいの定期的・長期的なメンテナンスを安心してご依頼ください。外壁は7年~10年、屋根は6年~8年が塗り替えのタイミングといわれていますので、水戸市や笠間市にお住まいのかたは、宇都木塗装の外壁・屋根の無料診断をいちどご検討ください。

 

まとめ

今回は、屋根塗装における断熱塗料と遮熱塗料の違いやその効果について解説してきました。屋根塗装に断熱塗料を使用することで、1年と通して室内の温度変化を抑えて快適に過ごすことができるようになるといわれています。また断熱塗料は防音効果やエアコン使用時の省エネ効果など、塗装することでいろいろなメリットも期待できるでしょう。

 

近年の新築はすでに十分な断熱材を使用していることが多いですが、複層ガラスやアルミサッシを使用した窓の設置など、複数の断熱対策をすることで、断熱効果が得やすくなります。より節電効果にもつながると考えられます。ご自宅の屋根を塗り替える時はどのような塗料が適しているのか、より断熱性を高めるためにはどうすれば良いのか信頼できる業者にいちどご相談するとよいでしょう。

人気記事


簡単!30秒でお見積もり依頼!!

希望内容任意

外壁屋根診断雨漏り診断お見積り依頼その他

お名前必須

電話番号必須


簡単!30秒でお見積もり依頼!!